ようこそ~生長の家・神奈川教区白鳩会のページへ

神奈川さんぽ 

神奈川さんぽ 

諏訪の御柱 横須賀へ~2014年8月1日(金)

神想観をした後、6時半に家を出てお一日参りに行ってきました。
穏やかな静けさのなかを祝詞が響き、
清々しい気分で新しい月を迎えることが出来ました。

ご案内
神木を人力で運び、社殿に建て五穀豊穣などを祈願する
長野県の無形民俗文化財である諏訪大社の御柱祭が
大津諏訪神社で行われます。

信州より伐り出された樅(もみ)の大木を
大津運動公園から大津諏訪神社境内まで曳行し、
御柱を建てます。
御柱の曳行にあわせ神輿・山車の合同参拝もあり、
賑やかな祭礼となります。

日本古来の伝統にふれる良い機会なので、
御柱祭の里曳きに参加してみたいなぁと思っています。

●御柱里曳き(おんばしらさとびき)
8月23日(土曜日)午後1時から、
大津運動公園から境内までの約700mを、
神木を曳いて移動する「里曳き」をし、
参拝・清祓(きよはらい)を行われます。

●建御柱(たておんばしら)
8月24日(日曜日)午前10時から、
神輿会(諏訪十神連合)の協力のもと、
境内駐車場で神木を建てる「建御柱」が行われ、
その後式典が執り行われます。

※時間は変更になる場合があります。
※御柱祭の内容その他については
大津諏訪神社046-836-3570へお問い合わせください。
【横須賀市大津町4-22-22
(京急線・新大津駅下車徒歩5分)】

画像の説明
出典:岩城純隆宮司 上記は御柱祭で運ばれる直径約1m、高さ約12mの神木


画像の説明
上記は御柱の 曳行 ( えいこう ) に使用する 曳綱 ( ひきづな ) の一部です。


ヴェルニー公園~2013年5月21日(火)

若学の学習会の帰りに、ヴェルニー公園に行きました。
フランス式庭園の様式を取り入れ、約2000本のバラが植栽されているので
この時期は、boardwalkを歩くと潮風と薔薇の香りに包まれ癒されます。
〈横須賀市の公園情報サイト〉
http://www.kanagawaparks.com/verny-mikasa-arasaki/
画像の説明    
画像の説明    画像の説明
画像の説明

新江の島水族館  ~2013年3月1日(金)

 今日から弥生、春を感じる暖かさで今朝は12度でした。
服装も心も軽く、殿内で行う神事に参らせて頂き、神恩感謝の真心を捧げ、無事に過ごせた一か月への感謝と、新しい月の無病息災と家内安全を祈念し、長男に良縁成就の御加護を頂けるようにお一日参りをしてきました。

画像の説明

 過日、次男の招待で新江の島水族館に行った際も暖かな日で、江の島をバックに繰り広げられる屋外のイルカショーが楽しく堪能できました。

マイワシの大群やエイが雄大に泳ぐ姿を真下から見れる大水槽では、乱舞する魚たちに孫はもう大興奮。その喜びように無性に感激してしまいました。

「原宿、表参道で常に長蛇の列で有名なGARB(ガーブ)はやはり江の島でも込んでいるのね。でも、Eggs'n Thingsのパンケーキミックスはハワイの方が安いね。」と話しながら弁天橋までちょっと足を伸ばして、「竜宮城」の形をしている小田急線 片瀬江の島駅舎周辺を散策しました。
画像の説明

画像の説明

MEMO
鎌倉市腰越の釜揚げしらす丼としらすのかき揚げセット1200円が美味しかったです。生しらす丼はしらす漁解禁の3月11日から味わえるそうです…(*゚ー゚*)ノ
新江の島水族館の入場料はホームぺージに割引情報があります。
一番近くて(徒歩約5分)割安に感じた駐車場は片瀬海岸地下駐車場でした。30分毎200円(通常期間)・30分毎250円(7月・8月)

 

横須賀市大津町 諏訪神社  ~2012年7月1日(日)

 30日は地域の守り神の諏訪神社の「夏越の大祓」に参加し、翌1日は月の始に大神様に神恩感謝の意を捧げ、日々の安泰を祈願する「お一日参り」に行って来ました。

 息子の家族が5月の連休明けに隣の五丁目に引っ越して来ましたので、お一日参りに誘い、先月・今月と親、子、孫、三代揃って五名で参加させて頂き有意義な時間を過ごすことが出来ました。
仕事の関係で東京から引っ越して来ることが出来、すばらしい巡りあわせに感謝の気持ちでいっぱいです。
 9月16日に行われる「善一元の神への信仰」を伝える大変尊い機会の講習会に、一人でも多くの方をお誘い出来ますように祈願させて頂きました。         A/T

画像の説明

大和市『ふれあい公園』『泉の森』 ~2012年4月10日(火)

 見事な晴天の中、IT対策部主催のお花見に出かけました。
大和市にある教化部会館前のプロムナードを西に歩くこと10分…、大和ふれあい公園に到着!
園内は、桜をはじめ何種類もの花が咲き誇っていました。(4月中旬から芝桜が見頃になります)

画像の説明

そんな中、公園のあちらこちらにシートを広げてお花見を楽しむ家族連れや、職場の集まり(?)と見られる人達、犬を散歩させている人、桜を熱心に写真に納める人など、たくさんの人達が思い思いに楽しんでいました。

ふれあい公園の中を流れる引地川に沿って奥に進むと、隣接している『泉の森』まで歩く事ができます。
こちらも満開の桜に心奪われつつ、しばし休憩…。
満開の桜の木からは、風に吹かれて、桜吹雪が舞い散り、何とも言えない風情がありました。

広大な敷地内に自然が溢れ、四季折り折りのお花を楽しむ事が出来る公園が、教化部会館から歩いて行ける距離にあるのですから・・・
是非、散策してみて下さい。。。                   O/N        

画像の説明

〈大和市の公園情報サイト〉
http://www.yamato-zaidan.or.jp/archives/tag/park

三浦の河津桜 ~2012年3月18日(日)

 今日は年度最後の誌友会でしたので、終わってから皆さんとお花に行きました。
京急三浦海岸駅から高架沿いに三崎口駅方面に向かって行くと、登り坂の右側に約1.000本の河津桜が植栽されていて、線路沿いの約1kmには、桜のほか菜の花や水仙も咲き並び、色とりどりの景色や春の香りが楽しめました。お花を眺めながら14~15分程行くと小松ヶ池公園入口に着きます。どの入り口からも下り坂ですが、細い道で池から離れているため道路からは池は望めません。
画像の説明 
 1.5haの溜池の小松ヶ池には牛蛙やカモなどの野鳥がいて、ひと足早い春の訪れを感じることが出来ました。西側出入口近くの陸橋からは、桜並木が一望出来てとても素敵でした。
道路沿いにある地図看板の脇にのぼり旗がある東側出入口を下って行くと。。。。桜のトンネルになっており頭上の両脇に吊るされた提灯が印象的でした。

画像の説明

 今年は1月に降雨量が少なくて、2月には日本列島への寒波襲来もあり、3週間ほど開花が遅れたので桜祭りの会期が1週間延長されましたが御存じの方が少ないようで、人出が少なくてしっとりした良いお花見になりました。
 昼食は地曳網の漁師さんが営む「漁火亭」で900円の金目鯛の煮付け定食と550円の太刀魚の南蛮漬を食べました。と~っても美味しかったです…(*゚ー゚*)ノ

桜のスポットと小松ヶ池に至る入口案内地図←クリックして下さい





大船観音 ~2012年2月27日(月)

 今日はJR大船駅南改札(西口)から西へ約8分の戸部会館で「若い白鳩のための学習会」がありました。 戸部会館前には、柏尾川沿いの路傍に佇む六地蔵と玉縄首塚五輪塔、庚申塔、馬頭観音などが並んでいました。

 学習会の帰りに講師のK先生とKさんとAの三人で大船観音に御参りに行って来ました。近くで見る観音様は真っ白で大きくて、柔和なお顔は神々しかったです。
 大船駅西側の高台に西の方を向いている巨大な白衣観音像のお姿を車窓から何度も拝見はしていましたが、一度も参拝をしたことが無かったのでこの機会に参拝が出来て良かったです。
入口でお線香を先生が代表で購入して下さったので、お線香を焚いて戸部会館で発会することが出来たことをお祈りしました。観音様の裏へ回ると階段があり中に入れるようになっており、観音様の歴史がパネルで書かれておりました。

画像の説明

 高台からみるJR東日本の電車の眺めや南側の繁華街・北側の丘陵地帯の眺めも良かったです。
今度は桜が満開のころに来たいと思いました。   A/T

メモ:高さ25m幅19m重さ1915tのコンクリート造り
   参拝料金:一般300円 小中学生100円    
画像の説明 



よこはま動物園「ズーラシア」
 ~2012年1月7日(土)

 三連休の初日でお天気にも恵まれ、そして土曜日は高校生以下は無料のため、寒い時期ですが「ズーラシア」は、ほど良く混んでいて良かったです。広い園内なので、閑散としていると本当に心細くなります。
入園すると直ぐに「一押し ! アニマルに餌やり体験」という案内が目に留まり、躊躇なく13:30からの「インド象に餌やり体験」を申し込み(無料)ました。
開園の9:30に行けば、11:30からの「フンボルトペンギンに餌やり体験」と、二つを体験できたようです。ペンギンは人気がありもう締め切りになっていて残念でした。

 ガラス張りで開放感があり明るい「オージーヒルグリルレストラン」でランチにしました。
メニューはどれも美味しそうで、温かい無料のお茶も有り心も体もホットになりました。 
 ショップでのお買い物は園内の「オージーヒル」よりもゲートの外にある「アクテラス」の方が品数も多く、福袋もあってお得感があるのでお薦めです。
 歩き疲れたので「オカピバス『ズッピ君』」に乗りました。ウインクをしてくれるし車内の装飾がとても可愛くて~~♪ 疲れを癒してくれました。

チャメリー(ヒンディー語でジャスミン)ちゃんに林檎をあげられたし、飼育員さんがcageの中で2㌢の牛蒡の輪切りを手渡しでモンキーにおやつをあげる「おやつタイム」にも遭遇出来たし…、心が和む楽しい一日でした。    T/K
画像の説明画像の説明

鎌倉文学館 ~2011年11月30日(水)

画像の説明

 今日は 『本当に11月最後の日?』 と、思ってしまうほど暖かな天候で、2日ぶりの青空の朝です。青空に富士山の姿がうれしく感じます。
 鎌倉文学館の皇帝ダリアが気になり、友達と着物を着て覗きに行って来ました。
皇帝というイメージからは遠く、優しげで女性的でした。3~4mに育った幹の上でピンクの可愛い花がさやさやと風にゆれていました。薔薇の見頃は終わりでちょっと残念でした。
「日本料理 あじさい」でお昼を食べたのですが、日当たりが良すぎて汗がダラダラで大変なことになってしまいました。(@_@;)
     画像の説明

彼岸花 (曼珠沙華) ~2011年9月28日(水)

 今の季節にしか咲かない彼岸花を見に座間市谷戸山公園近くの土手に行って来ました。
時々抜け道で通っている道でしたが、ある日通った時に土手の両側が真っ赤になっていてびっくりし、はっとするほど綺麗でした。
それからは彼岸花の咲く時期にお花見に訪れています。地元の人しか知らない細い抜け道ですが、日本らしい秋の風景を感じに来ませんか?     M/S
                   画像の説明

梨狩り ~2011年8月20日(日)

       画像の説明

 主人と長後に梨狩りに行きました。昨日は雷が相鉄線に落ちるあいにくのお天気でしたが、
今日の天候は、緑の葉の間からきらきらと輝く木漏れ日が時々さす薄曇りで、カンカン照りでも、どしゃ降り雨でもなく最高の梨狩り日和でした。日ごろの心がけが良いのかしら…!?
緑の棚はやさしい木陰を作り、手を伸ばすと“そこには梨や葡萄やキューイフルーツが。。。”   棚の下で食べるフルーツの味は格別でした(*^_^*)。
梨は一人1個を試食させてくれて、捥いだ大玉6個は1.700円で買いました。

画像の説明

小田急江ノ島線長後駅から徒歩約7~8分

  • 日本梨:800~900円/kg (8月初旬~9月中旬)
  • ブドウ:1,500~3,000円/kg (8月中旬~10月上旬)



お一日参り ~2011年8月1日(月)

 今朝、大津諏訪神社のお一日参りに詣でて来ました。
毎月朔日午前7時から拝殿にて神恩感謝と皇室・国家の弥栄、安泰と氏子・崇敬者をはじめ国民の安全といよいよの隆昌、平和な世の中になることを祈る「月次祭(つきなみさい)」が行われます。

画像の説明

 「今日の開式太鼓の音色は素晴らしいな~」と思ったら・・、「皮の張替えをしました」とのことでした。
「太鼓内部に1760(宝暦10)年7月吉日と明記され、作者か修復者とみられる古参の太鼓屋(江戸時代からある東京の太鼓店)の名もありました」と太鼓内部の写真を見せて頂きました。
 葛飾北斎が宝暦10年9月生まれですので、明記された日が制作日でしたら北斎と同い年。第一回目の修理日でしたらこの太鼓は北斎よりも50歳ほど年上となります。歴史を感じワクワクしました。

 太鼓皮の張り替えに合わせて太鼓胴の研磨塗装や鋲や金具の交換などを行い、歌口(皮の張ってある部分)や胴割れなどを修理して新品同様に復元されているのに驚きました。
 匠の技の素晴らしさと太鼓の長生きに感心しました。
300~250年前(江戸時代)の大津村に鳴り響いていた音色を今も聴くことが出来て深い感動を覚えました。
 太鼓の内側に書かれた日付(修理日)は3つありました。
修理しながら使うという、古来より育まれてきた"モノを大事にする気持ち"を後世に伝え、宝物として末永く大津の町に響かせて頂きたいです。           A/T

茅の輪くぐり ~2011年6月30日(木)

 家から6分ほどの所に、824(天長元)年に長野県・諏訪大社から勧請(かんじょう)された由緒ある大津諏訪神社があります。 
17時半に帰宅が出来、夕立の雨もやんでいたので、心身の罪穢れを祓い清め、病魔に負けないお力を頂けるよう「茅の輪」をくぐりに行ってみました。子供連れの若夫婦も多く昨年よりも人が出ているのに驚き、日本の国も捨てたものではないと嬉しく思いながら受付で人形(ひとがた)をいただき、皆で大祓詞(おおはらえことば)を奏上してから、8の字を描くように茅の輪を3回くぐり、心身とも健康に夏を過ごせるよう祈願しました。       

画像の説明

  ~当日は参拝者に小さな茅の輪のお守りが授与されます~

第17回衣笠しょうぶ祭 ~2011年6月4日(土)

 年に一度の入園無料に誘われて4日に行ってきました。 
園内に入ったら阿波おどりのお囃子が響き、ぞめきのリズムに思わず踊り子と一緒になって身体が弾んでしまいました~。大道芸の手品も不思議で華麗でしたね~。 
「14万株のハナショウブが、6月に次々と花開きます。」・・・「次々…」ということで・・・
まだ、一面には咲いていませんでしたが青空に菖蒲が映えて綺麗でした。
梅雨冷えが続いたので今年の横須賀しょうぶ園の見頃は2週目頃でしょうかしらね? 
鶯のさえずりを聞きながら1時間ほど散策して、季節限定の汐入駅までの直行バスに乗り帰って来ました。楽しかったですよ~。                   A/T

     画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional